人間関係とメンタルが劇的によくなる・強くなる魔法の習慣

【夏場のおじ様必読】具体的な4つのシチュレーション別「臭い」対策

2018/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく

他人の臭いが気になって(耐えられなくて)近づきたくない。自分の臭いが気になって他人の近くに行くのが怖い。って思った事はありませんか?そう、正に夏場のおじ様には「あるある」ですよね。「たったこれだけでズイブン人間関係が良くなる基本的な3つの身だしなみに関する魔法の習慣」で紹介した通り、人の印象って表面上の印象が強く植え付けられますよね。表面上の印象の内エチケットに関する事柄は影響が大きいものです。何故エチケットが人の印象に大きな影響を与え易いかと言うと、エチケットが良い→周囲に清潔感をアピールし不快にさせない→キチンとしている人→敬意を払える≒好印象と言う具合でしたよね。今回はエチケットの中で難しい「臭い」について紹介していきます。*臭わしている側は悪気があって臭わしている訳では無いのは十分に分かっていますが、少し工夫すると解消出来るでしょう。(すぬつくも臭わしている側です(´;ω;`))

こんな仕草をされたら危険信号

自分の臭いはなかなか気がつけないものです。何故なら、自分の臭いは落ち着くからですよね。しかし、その臭いを他人がどう思うかは別です。奥さんや自分の子供なら遠慮なく「臭いぞ」って言って来て、気がつけますが、会社や学校ではそうはいきません。そう思われた時点でアウトなのです。自分がアウトかどうかは、他人の反応で見極めるしかありません。以下のような仕草をされたら危険信号です。①打合せとかで、自分が喋る時に相手が資料とか、手で何気なく鼻周辺を覆う仕草をした時。②打合せとか、用事があった際に相手の横に座ったりした時に少しずつ距離を取り出した時。

体臭を最小限にする朝の工夫

いきなり脱線しますが、私の元上司のおじ様はずーと無臭でした。無臭ってありえないなぁと思い、聞いてみた事があります。そうしたら、夏も冬もシャワーを浴びてから会社に来ると言うではないですか。スゴイ!徹底しているなぁと思いました。世の中のおじ様達には、夏場はシャワーを浴びてから出社して欲しい処ですが、冬場は寒くてシャワー何て浴びれません。と言う事で、おじ様達は夏場の出社前にはシャワーを浴びてから出社する事をおススメします。

体臭を最小限にする昼以降の工夫

汗を掻いたら要注意ですよね。放置すると乾いて臭いに繋がります。汗を掻いたら直ぐに「ハンカチ」で拭いましょう。その後落ち着いたらリフレッシュシート等で拭き取りすっきりしましょう。ここでポイントは、「ハンカチ」を使う事です。この行為は意外と育ちが良いと思われがちです。服とかで汗を拭く行為をしている人と比較すると一目瞭然でしょう。また、夏場は、リフレッシュシートの携帯は必須ですね。臭いの基から拭き取ってしまいましょう。更に言うと、おじ様達は、何もしなくても「油成分」が滲み出てきますので定期的にリフレッシュシートで拭き取る事をおススメします。

口臭を最小限にする工夫

タバコを吸っていてコーヒーが好きな人は要注意です。かなりヤバいですね。タバコとコーヒーの臭いがMixしてどうにもならない臭いを醸し出していますよね。でもタバコもコーヒーも好きなんだから止められる訳無いと言う人には以下をおススメします。せめてタバコをアイコスとかタールが無い奴に変更して見ては如何ですか。臭いはズイブン違います。また、タバコとコーヒーの後は基本ですが歯磨きが効果的です。そんな歯磨き何て直ぐ出来ないよって場合はガムや携帯用のマウスウォッシュを使用する事も併せておススメします。タバコ、コーヒーをやらない人は、ご飯食べた後はウガイや歯磨きは最低限やっておけば大丈夫だと思います。脱線しますが、タバコは臭いだけでは無く薄毛への影響もあるので止めた方が良いですよね。

臭う人が近くに来た場合の対処法

口臭対策としては、その人の横にポジションを取り話を聞きましょう。直撃は避けられるはずです( ノД`)シクシク… これ以上の回避策はありません。また、体臭対策としてははっきり言って距離が影響しますので、距離を取る事で回避出来ますが、不自然な距離を取るとあからさまに気が付かれてしまいます。ここも、ある程度のダメージは仕方がありません。体調に影響を及ぼす程の臭いであれば遠慮なく距離を取る事をおススメします、自分の体調を一番に考えるべきですね。

まとめ

「臭い」は人の印象に大きな影響を及ぼしますね。特におじ様でタバコが好きでコーヒーも好きって人にはとても不利な条件ですが、紹介した工夫をする事で他人へ与える負の影響を最小限留める事が出来ます。また、「臭い」は悪気があって出している訳では無いので配慮も必要ですよね。さりげなく相手も自分も影響の少ない対応をする事が望ましいでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© すぬつくのブログ , 2018 All Rights Reserved.