人間関係とメンタルが劇的によくなる・強くなる魔法の習慣

たったこれだけでズイブンメンタルが強くなる3つの失敗した時に関する魔法の習慣

2018/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく

会社や学校で大きな仕事(プロジェクト)、大会、コンクールに出て「いよいよ」って時に大きな失敗をして結果が散々になってしまったって事ありますよね?「あー、全部自分のせいでこんな結果になってしまった。明日から職場や、部活等に行き辛いなぁ、もーイヤだー」って思って眠れない時ありませんか?これって、スゴいストレスですよね。こんなストレスを放置して置くと自信の健康への影響や今後(未来)の成果にも悪い影響がでます。ここで紹介するのは、たったこれだけでズイブンメンタルが強くなる3つの失敗した時に関する魔法の習慣を紹介します。

失敗しても命まで取られる事はない

確かに、失敗した。けれども、何も命まで取られる様な事ではない。そこまで、大きな事では無い。次頑張ろう。すぬつくがよく使う考え方です。確かに反省はしますが、その失敗自体が大きな事では無いと自身に思い込ませるのです。そうする事でメンタルへの影響は少なくなります。

この広大な宇宙の中でこの失敗は些細な事

確かに、失敗した。けれども、こんな広大な宇宙の中でたかだかこの程度の失敗なんて些細な事だね。また頑張ろう。これもまた、すぬつくがよく使う考え方です。これもまた、その失敗自体が大きな事では無いと自身に思い込ませるのです。周りで「失敗してしまった人」に対してもこんな考え方をする事で気が楽になる事を進めてみては如何ですか。

次はきっと大丈夫!

この考え方は、他の人から教えて貰った考え方です。非常に素晴らしい考え方です。それは、自分の欠点(失敗した理由)が明確になったので、それを補う努力をする事で次はきっと大丈夫(失敗しない)と言う考え方です。なかなか此処まで前向きにはなれないのが現状ですが、この考え方を習得すればストレスとは無縁になると思います。

まとめ

すぬつくのお勧めは、「失敗しても命まで取られる事はない」「この広大な宇宙の中でこの失敗は些細な事」と考える方法です。失敗した事自体を小さな事として考える方法です。これは、何の訓練も無く出来るでしょう。但し、あからさまに他の人に「失敗しちゃった。でも大した事ないよね」なーんて言ってはいけません。あくまで、自分の中の考え方に留めて置く事です。周りに対しては、「ごめんね。」としょんぼりして見せましょう。または、「次はきっと大丈夫!」的な考え方(表現)をするのが良いでしょう。何れにしても、誰でも失敗はするものなのですから、先ずは自分自身を許してあげる事が先決ですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© すぬつくのブログ , 2018 All Rights Reserved.