人間関係とメンタルが劇的によくなる・強くなる魔法の習慣

セクハラ加害者に共通する考え方と加害者にならない防御策

2018/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく

あんなに真面目そうな課長がセクハラ?あんな気さくで仕事の出来る部長がセクハラ?どうして?人は見かけによらないなぁ。と首を傾げた経験ってありませんか?セクハラなんて絶対にしないよ。と思っている人でも、ある簡単な考え方(防御策)を持っておかないと、いつの間にかセクハラ加害者になってしまう事があるのです。でも、大丈夫ですよ。今回は、ちょっとした事でセクハラ加害者になってしまった人達の実体験からセクハラ加害者になってしまうある共通の考え方が分かりましたので紹介します。特に異性の部下を持つ貴方には是非押さえて於いて欲しい内容ですよ。

セクハラ加害者になってしまったら

以前の記事で「セクハラの定義、具体事例と対策」で紹介した様に、法律で事業主(会社)は職場内で「セクハラ」を防止する為の様々な施策をしなければならないと定めています。その為、事業主(会社)は社内で「セクハラ」が行われた場合、責任を追及される事もあり、殆どの会社では「会社規定」の中に「セクハラ」防止を掲げています。違反した場合、懲戒解雇等厳しい処置を取る場合があります。例え、懲戒解雇にならない程度の軽微なセクハラ、セクハラと認定出来ない様なケースでも加害者としてその人のイメージはずっと付きまといます。具体的に、懲戒解雇にはならなかった管理職(部長、副部長、課長)は、主幹(部下を持たない管理職)となって、特命業務をひっそりと実施する様な窓際的な状態になってしまいます。ここでのポイントは、部下を持たせると、その部下にハラスメントをするのではないかと言う疑念からそうなった場合と、部下を持たない管理職はお給料が少し変わるのでそうなっていると思われます。また、管理職、一般職共に加害者になると、他の事業所や関係会社に出向させられます。目的は、被害者、加害者共に同じ事業所で顔を合わせなくする為だそうです。

セクハラ加害者に共通する考え方(勘違い)

諸先輩達からのリアルな実体験を聞かされて、ある共通な考え方がありました。それは、シンプルな事でした。日常業務の中や飲み会に至るまで、異性の部下から話しかけられる事が沢山あります。(管理職なので当たり前です。)その中で、自分はモテてる、人気があると勘違いしてしまっている事です。諸先輩達からのコメントにも、部長だったから話しかけてくれていた。部長じゃなくなったら話しかけられなくなった。当たり前のことだけれど、その時は分かっていなかったんだよなぁ。と寂し気に言っておりました。冷たい様ですけれど、この諸先輩達は、勘違い程度で留めて置けば良かったのですが、この先を進んで行ってしまっているので、NGです。また、他の意見としては、現在はスマホにカメラが付いているので何時撮られているか分からないとのコメントもありました。これも、やましい事をしていなければ特に問題無いのに…と思ってしまいました。

セクハラ加害者にならない為に

諸先輩達からの実例を基にしたセクハラ加害者にならない為の4か条を紹介します。何れも、実体験からのアドバイスであり、実に切なく説得力があります。1つ目は、異性の部下、同僚とは仕事の話以外は、上辺だけの内容に留めておけ。2つ目は、飲み会の中盤以降は、異性の近くには行くべからず。飲み会のメンバー一通りとお話をしなければならない様な立場の人は、飲み会の前半段階に異性とお話をして、後半は同性のより親しいメンバーの近くに行く事。お酒が入ると気持ちが高ぶり、通常時より理性が飛びやすくなるから。3つ目は、「誰にも言うなよ。」と性的な話や個人的に異性を誘った時には、必ず2週間以内には職場の全員がその事を知っていると思え。何処から話が漏れたの?って位職場内では情報が筒抜け。特に女性の多い職場では隠し事なんて出来ると思うな。4つ目は、セクハラ加害者側になってしまったら、最悪全て失うと思え。(職も家庭も)如何でしたか、すぬつくはお酒の席でこれを聞いて酔いが醒めてしまいました。(´;ω;`)

すぬつくの体験

すぬつくは、セクハラとは全く無縁でした。と言うか、現在も無縁状態を継続中です。こんな、入り方したら自分の体験談だったのか?と思われがちですが違います。何故無縁なのかと言うと、学生の時にアルバイトをしていたパチンコ店の店長(人生の師)からの教えで、会社に入社する前からセクハラや会社内の不倫についてのリスクを徹底的に教育されてきたからです。(セクハラ、社内不倫は絶対にやってはダメで、やると店長の様な悲惨な末路を辿ると教えられてきました。)その店長は、誰もが知っている大手企業のエリートさんでしたが、セクハラ+社内不倫で会社に居られなくなり、退職したそうです。そして、独学で「釘」を学び、田舎のパチンコ店の雇われ店長になっていたとの事です。本当に気さくで、面倒見の良い素晴らしい人ですが、そんな過去を教えてくれて、自分と同じ過ちをしない様にと当時から口癖の様に生々しい過去を教えてくれていました。

まとめ

セクハラ加害者の末路はとても悲惨です。職も家庭も失います。辛うじて職を失う事が無かったとしても、以前の様な状態には戻れません。ちょっとした考え方、加害者にならない為の防止策を駆使する事で、加害者側にならないで済むと思います。是非実践してくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© すぬつくのブログ , 2018 All Rights Reserved.