人間関係とメンタルが劇的によくなる・強くなる魔法の習慣

パワハラの定義、具体事例と対策

2018/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく

あ!言い過ぎたかなぁ。気まずい状況にならなければいいなぁ。なーんて事にならない様に前回は「アンガーコントロール」について紹介しましたよね。今回は、受け側の話をしたいと思います。怒られたりすると、これって「パワハラ」なんじゃないの?と思ったりする事ってありませんか?うーん、パワハラかな、どうだろうと時が経って、まぁ良いかぁ。となる事が殆どだと思います。今の風潮から上司達も「パワーハラスメント」と訴えられるのを嫌がり、言葉を選びつつ慎重に×2部下に接している事だと思います。しかし、世の中にはまだまだ「パワーハラスメント」は横行しているみたいですね。そこで、今回はパターン別の「パワーハラスメント」事例を確認して行きましょう。と、その前に、パワーハラスメントの定義をおさらいしておきましょう。パワーハラスメントの定義は、「職場内の優位性を背景に適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」とあります。解説が必要ですね。「職場内の優位性」っていうのは、例えば、上司部下の関係、即ち指揮命令が出来る事って優位性がありますよね。また、上司部下の関係でなくても、専門知識有無しで優位性は変わりますし、取引先との関係も優位性があります。また、「適正な範囲」って処は業務上必要な指示、命令についての事です。それでは、パターン別の事例を紹介していきますね。

暴力的な事、言葉によるパワハラ

先ず、暴力的な事(直接的な攻撃)の事ですが、具体的には、怒りながら周りの机や椅子を蹴っ飛ばす様な行為です。今では滅多に見る事が無くなってしまった行為です。此処でのポイントは、指導している中で、間違った返答をしたりすると、違うだろ!と言いつつ机を蹴る、椅子を蹴る。なーんて事が該当します。ちなみに、直接暴力を振るわれた場合は、パワハラでは無く、傷害となるので割愛しますね。また、言葉によるパワハラの事例は、脅迫、侮辱、暴言を吐く事になります。例えば、間違った回答をした時に、個人的な内容で侮辱されたり、次間違ったらコロスぞ!なーんて言われたりする事ですね。こんな時は立派なパワハラでアウトです。

状況を作る事によるパワハラ

状況を作る事によるパワハラの事例は、該当者を隔離したり、仲間外れ、無視したりする事です。つまり職場内の人間関係からの切り離しを故意に行う事です。職場内のイジメも立派なパワハラになりますね。特に女性の多い職場では、まだまだ顕在化していないだけで沢山事例があるかもしれませんね。

過大、過小な要求によるパワハラ

これは、どうやっても無理なノルマの設定や明らかに能力に対して過小な仕事の設定です。具体例として、月平均で4件契約を取っていた営業マンに対して、一週間で20件の契約を取ってこい!無理なら辞めろ!なーんて場合や、先月まで大きなプロジェクトを任されていたメンバーに今月からコピーのみ取る仕事に変更したりする事です。いろいろなパワハラがありますね(´-ω-`)

すぬつくの経験

すぬつくは、一昔前に(10年位)言葉によるパワハラをよく周りでやられているの目にしてきました。当時は、仕事しない(仕事が出来ない)からパワハラされるんだよ。って思っていましたが、パワハラを受けた人が精神的に弱って、会社に来れなくなってしまう人を見る様になって、考え方が変わり「なんで、そんな目に合わなくてはいけないんだろうか。」と疑問を持つ様になりました。

まとめ

今回紹介したパターン別の事例は完全にアウト(パワハラ)な事例です。普段の職場の中では判断に迷うモノがあると思います。基本的には、受け側がパワハラと認識するのが第一ステップとなります。その為、解決策としては、パワハラと感じた時に、「これってパワハラ行為ですよね。」と確認してみてあげてください。恐らく大概の人は黙ります。ここでグタグタ言う場合は、パワハラをした人の末路について、「場合によっては、懲戒解雇って事もあるみたいですよ。」と言ってあげると更に効果的です。これでもダメな場合は会社の人事部に相談してみて下さい。放置して状況が悪化し自身の健康に悪影響があってからでは遅いですからね。心身の健康を取り戻し、失った自信や自尊心を回復するには結構時間が掛かるらしいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© すぬつくのブログ , 2018 All Rights Reserved.