人間関係とメンタルが劇的によくなる・強くなる魔法の習慣

ブラック職場検定 貴方の職場のブラックレベルは?

2018/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく

「たったこれだけで人間関係が良くなる魔法の習慣」の記事を書いてきましたよね。先ほど、この記事の大前提をお伝えしていない事に気が付いてしまいました。「たったこれだけで人間関係が良くなる魔法の習慣」の記事は普通の会社や学校で仕事や学業に励んでいる人向けの記事でした。しかし、会社に限定するとブラックな職場やどっぷりと社畜の状態になっている人がスゴク多くいる状況ですよね。先ず自分の職場がブラックな職場なのか、自分が社畜状態になっているのかをよく分析して対応しないと、「魔法の習慣」を駆使してもあまり人間関係やメンタル良化に対して効果が望めませんよね。そこで今回は、貴方の職場(会社)がブラックな職場なのか再確認して行きましょう。先ずは健全な環境で人間関係やメンタルを強化していきましょう。

完全にブラック(信頼度:★★★★★)

これぞブラック企業!って言うのは先ず「労働基準法」「労働安全衛生法」を真っ向から守っていない企業ですよね。これは、簡単に見破れますよね。今時こんな会社あるのかな?って思っている人が多いと思いますがまだまだあると思いますよ。具体的な事例は以下です。一つでも該当するならばアウトです。しっかり見極めて下さい。あ!信頼度の処はフルーツ柄レベルです。
・雇用契約書が無い
・労働時間が管理されていない
・賃金(残業代含む)の未払い
・就業規則が無い(10人以上在籍の会社)
・会社負担の「定期健康診断」が無い

見た目だけはホワイト中身はブラック(信頼度:★★☆☆☆~★★★★☆)

このレベルはまだまだ沢山あると思います。2つ以上当てはまったら離脱を考えた方が良いですね。
離職率が高い。具体的には10%以上で注意が必要です。具体的な数字が分からない場合は範囲を縮小して自分がカウント出来る範囲で確認してみては如何ですか。
賃金が安すぎる。よくあるのが、基本給+歩合給とか残業10H込みの基本給なんてのが良くありますよね。賞与も基本給から算出しますので、基本給が低いと良い事はありません。また、キチンと勤務管理が出来ている会社であればわざわざこんな表記はしないはずです。10H込みと表現していますが実際は20H位させているのが現状かもしれません。
ハラスメントが横行している。パワハラ、セクハラ、アルハラ、マタハラ等が横行しており上層部のメンバーがハラスメントをしても隠蔽(無かった事にしてしまう)してしまう。
なんちゃって管理職が多い。才能が秀ていて管理職になるならば良いのですが、入社後2年~3年で多くのメンバーが管理職になっている場合は要注意です。基本的に管理職は残業代がでません。会社側の人間ですから。更に言うと管理職は会社側で経営に一部なりとも関わっている事になっています。なんちゃって管理職の場合、名ばかりで残業代をカットする為の施策としてなっている場合があります。
業務に於ける失敗を個人で取らされる。業務に於ける損出を個人で取らされるなんて聞いたことがあります。勿論、個人判断で実施して大失敗をしたならば、少しはうなずけると思いますが、大抵の場合、特に大きな仕事の場合は個人の判断では無くて会社としての判断で動くと思います。また、商品を落としたりしてそれを買い取らせるなんて事も聞いたことがあります。これもありえませんよね。故意でなく取り扱いでダメになってしまったモノも当然会社が負担するものです。
精神論を強調する職場。仕事の具体的な方法を教えるのではなく、精神論で売り上げを伸ばせ等訳の分からない職場風土になっている会社も要注意です。具合が悪くて休むにしても「気合が足らないからそうなる」なーんて職場や上司は要注意ですよ。
表面上のみブラック対策をしている。例えば、水曜日はノー残業Dayですよ。帰ってください。なーんて設定をしていても、仕事を家に持ち帰ってやっているって事や、就業時間以外は自分のPCで仕事して下さいね。って事があると要注意ですよ。

ホワイト(信頼度:★☆☆☆☆)

「労働基準法」「労働安全衛生法」が守られていて、離職率が低く、賃金も明らかに低くなく、ハラスメントが無い、失敗を個人で取らされない、更に精神論で仕事をしていない職場であればとりあえず合格です。だからと言って「ホワイト」とは限りませんが。

まとめ

人間関係とメンタルを劇的によくする・強くする為には、ブラック又はブラックの可能性がある職場(会社)では無い環境が必要です。この様な環境に於かれている場合は、先ず自分自身を守らなければならないのですから人間関係なんて二の次になります。そもそも、何の為に働いているのか?を自問自答してみると、ブラックな職場(会社)に居る必要性や社畜になる必要性は無いのです。一度客観的に自分自身を見つめ直してみるのも良いのかもしれませんね。ちなみに、すぬつくは完全な社畜野郎です。徐々に考え方を変えて行こうと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© すぬつくのブログ , 2018 All Rights Reserved.