人間関係とメンタルが劇的によくなる・強くなる魔法の習慣

人間関係・成長促進に非常に有効な行為「称賛」を心理学の側面から紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく

以前の記事「子供や部下をダメにする行動と誰にでも簡単に出来る非常に効果の高い成長を促す手法」「誰でも簡単に部下や子供の成長と人間関係を劇的に良くする接し方」の中で相手を認める行為「称賛」が非常に有効的であると紹介しました。そこで、今回は、この相手を認める行為である「称賛」が何故有効的なのかを心理学の側面から紹介して行きます。

マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説によると、欲求は第一から第五まであり、低階層の欲求から順番に欲していく構図になっています。それでは、順番に紹介していきます。

  • 第一階層の「生理的欲求」は、生きていく為の基本的・本能的な欲求の事です。(食べたい、飲みたい、寝たいなど)。
  • 第二階層の「安全欲求」には、危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたいという欲求の事です。
  • 第三階層の「社会的欲求」は、集団に属したり、仲間が欲しくなったりする欲求の事です。
  • 第四階層の「承認欲求」は、他者から認められたい、尊敬されたい欲求の事です。
  • 第五階層の「自己実現欲求」は、自分の能力を引き出し創造的活動がしたい欲求の事です。

    第三階層までの欲求は、外的に満たされたいという思いから出てくる欲求(低次の欲求)で、第四階層以降の欲求は心を満たしたいという欲求(高次の欲求)に分類できます。一般的に、思春期位までは第三階層程度の欲求を欲し、社会人以降は第四階層以降の欲求を欲すると言います。
    参考文献)マズロー心理学入門

   

承認欲求を満たす事が重要

日本の経済状況や治安状況を鑑みると、生きて行く為の基本的・本能的の「生理的欲求」や危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたいという「安全欲求」は普通に生活していれば自然と満たされている事でしょう。しかし、第三の欲求である「社会的欲求」や「承認欲求」は普通の生活をしているだけでは十分に満たされるとは言い難い時があります。具体的には、「社会的欲求」が満たされない時、孤独感や社会的不安を感じ易くなりストレスを感じ、最悪の場合は心の病気に至ってしまう事があります。次に、「承認欲求」は現代の社会人に於いて非常に重要な欲求です。社会人のストレスの原因の大多数は、「承認欲求」が満たされない事が原因と言っても過言は無いと言われています。

承認欲求を満たす具体的な方法

相手の意見、報告内容を称賛する事を否定しないで先ずは称賛を送る事が大切。と過去の記事で紹介しました。実はこれこそが、相手の承認欲求を満たす具体的な方法なのです。なんだ、そんな事か。とお思いかもしれませんが、実は意外と難しいですよ。意識していないと出来ません。しかし、慣れてしまえばしめたモノです。承認欲求を満たされた相手は、次の欲求である「自己実現欲求」を満たす為に動き出します。自己実現欲求を満たす為の動きに移ると、仕事や学業などものスゴイスピードで習得していきます。即ち、子供や部下の「承認欲求」を満たす事は、個人や組織へかなり良い影響を及ぼす事に直結するのです。

すぬつくの経験

すぬつくは自身は、褒められて伸びたと言うよりも仕事しないと怒られる→怒られるのがイヤなので、上司が何を望んでいるかを推察して仕事する。と言う今回紹介した内容とは全く別の流れで育ちました(´;ω;`) 実はこの手段もありなのかなぁと思います。条件がありますけれど……… その条件は「ストレス耐性が強い事」です。ストレスをあまり掛けずに、伸ばす為にはやはり「承認欲求」を満たして上手く育てるのが良いでしょう。そんな上司とは未だ巡り合っていませんが…

まとめ

現在は、スパルタ方式で子供や部下を成長させると言う手段はありえない状況となっていますし、そもそもその手段が本当に有効かは疑問となっています。また、スゴイポテンシャルを秘めているのに、ストレスによって能力が発揮できない。なんて人が多いと思います。この様な大多数の方々の能力を引き出す為には、先ず「承認欲求」を満たす事から始めて見ては如何でしょうか。遠回りの様に思われるかもしれませんが、成果は確実です。焦らずじっくりと実践する事をおススメします。

この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© すぬつくのブログ , 2018 All Rights Reserved.