職場での人間関係・ストレス・悩みをすっきり完全解決

単身赴任・引越しの時に失敗しない電気・ガス・水道・ネット業者の選び方とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく(Twitter、YouTubeチャンネル登録お願いします(*'▽')。)
「イヤな上司・部下・同僚との人間関係」 「ブラックなヤバい企業・社畜・ハラスメントの悩み」 「職場での良好なコミュニケーションの取り方」 「誰も教えてくれない昇進・人事評価の仕組み」 「会社を辞めたい」 「潰れる会社の特徴」 こんな悩みの解決法を現役大手管理職の「すぬつく」が こっそりお教え致します。 宜しくお願いします。 YouTube「すぬつく企画」も宜しくお願いします。 チャンネル登録して貰えると嬉しいです。

事業所間異動・関係会社への出向の内示が出て家族会議を経て単身で新たな土地で生活する事となり、賃貸アパート・マンションなどの住居が決まりました。

さて、次にするべき事は?

次にするべき事は、生活する上で必要な電気・ガス・水道・インターネット接続等の契約ですよね。

住む場所は決まったけれども、電気・ガス・水道が整っていなければ生活する事は出来ませんよね。賃貸アパート・マンションを契約する時に、不動産屋さんから電気・ガス・水道はココに連絡して個人で契約して下さい。と言うのが一般的です。

しかし、よく考えてみて下さい。本当に不動産屋から紹介された電気・ガス・水道屋さんと契約して良いのでしょうか?他に選択肢は無いのでしょうか?

そこで、今回は「単身赴任・引越しの時に失敗しない電気・ガス・水道・ネット業者の選び方」を紹介します。

もくじ
1.失敗しない電気の選び方
2.失敗しないガスの選び方
3.失敗しない水道の選び方
4.失敗しないインターネット接続業者の選び方
5.すぬつくの経験
6.まとめ

失敗しない電気の選び方

電力自由化とは

電気は、従来は地域で決められていた電力会社としか契約できなかったのですが、 2016年4月に「電力自由化」が制定されました。それ以降は、地域で決められていた電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社とも契約出来る様になりました。

従来の地域で決められていた電力会社とは、北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力の事です。

「電力自由化」は、電気事業の市場参入規制を緩和し、市場を競争原理に導く事が目的です。結果、競争力が問われ「価格・サービス」の向上に繋がっています。

電力自由化の対象とは

「電力自由化」は、日本全国が対象でアパート・マンション、戸建て共に対象です。勿論、単身赴任者とはあまり関係性の少ない「オール電化」の住居も対象となります。

どの電力会社と契約するのが一番得か

2020年時点で「電力自由化」により、取扱い業者が増えて、北海道から沖縄までで287社以上、プランは1,010以上あります。生活スタイル、使用アンペア、地域によって最適な電力会社・プランが異なります。

あなたに最適な電力会社・プランを一括検索してみよう

先ずは、電力会社・プランを無料で比較して、 1番安い電力会社を確認してみましょう。確認はWEBフォームから24時間受付しています。電気代が安くなり且つ切り替え費用が0円なのでやらないと損ですよね。

すぬつくも、単身赴任時に不動産屋に紹介された従来の電力会社と契約しましたが、この「電力自由化」を思い出し、早速最適な電力会社に切り替えました。

切り替え時には、従来の契約していた電力会社との解約手続きや新たな工事は無く、とてもスムーズに切り替える事が出来ました。

失敗しないガスの選び方

ガスの種類とは

ガスの種類
①都市ガス
 →ガス導管を通して家庭にガスを供給
②簡易ガス
 →70戸以上の団地などで、敷地内にガス発生設備をおき、各家庭に供給
③LPガス(プロパンガス)
 →LPガス会社の人が、LPガスの入ったボンベを家庭に設置供給

ガスも取り扱い業者を選べるか?

ガスも取り扱い業者を選定する事が出来ます。先ず、都市ガスは、2017年に「ガス自由化」が始まったばかりで、現時点でおススメ出来るサービスはこれと言ってありませんが、LPガス(プロパンガス)は従来より取扱業者を選定する事が出来ます。

LGガス(プロパンガス)が取扱い業者を選定出来ること自体あまり知られていないようです。ガス会社を切り替えることによって、 年間で5万円以上節約出来る場合もあります。

先ずは、ガス(プロパンガス)取扱い業者を無料で比較して、 1番安いガス(プロパンガス)取扱い業者を確認してみましょう。

電気よりもガス(プロパンガス)の方が取扱い業者を変えるメリット(効果金額)が大きいので是非検討してみては如何ですか。

失敗しない水道の選び方

2018年に水道法改正が行われました。ここから水道事業の民営化が一気に広がるかと思いきや、そうでもなさそうです。自治体毎に考え方が異なっており、まだまだユーザーが業者を選択出来る状態にはなっておりません。

その為、現時点では不動産屋から紹介された水道屋さんと契約するしかありません。状況が変わり次第、記事を修正していきます。

失敗しないインターネット接続業者の選び方

インターネット接続業界の現状

今やインターネット接続業界はひと昔前と異なり、需要と供給のバランスが供給過多となっています。平たく言えば、インターネット接続業者を選び放題の状況なのです。

インターネット接続業者を選び放題の状況なので、なるべくコストが安く、キャッシュバック等のプラスアルファの特典がある業者を選ぶのが良いでしょう。

おススメのインターネット接続業者

インターネット接続業者は星の数ほどあり(少し言い過ぎました)、必要なプランも個人毎に異なるので、先ずはあなたにピッタリの業者を見つける事が先決です。

すぬつくの経験

すぬつくも単身赴任時に不動産屋から言われた通りに、電気・ガス・水道・インターネット接続業者と契約してしまいました。

住居を決めたりとやる事が多かったので、冷静に考えられなかったのでしょう。引っ越しから半月が経った時に、そう言えば「電力自由化」ってあったなぁ、と思い出して再確認した程です。

何事も事前の調査が大切だと思い知らされました。

まとめ

現在は、ライフスタイルに合わせてユーザーが業者を選択出来る事が多くなってきています。それは、電気・ガス・インターネット接続業者に於いても例外ではありません。

また、選択出来る業者・プランはかなり多く、きっとあなたにピッタリのベストプランがあるはずです。そのベストプランを事前に知り契約する事で、今後のあなたの生活に大きな影響を及ぼす事でしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく(Twitter、YouTubeチャンネル登録お願いします(*'▽')。)
「イヤな上司・部下・同僚との人間関係」 「ブラックなヤバい企業・社畜・ハラスメントの悩み」 「職場での良好なコミュニケーションの取り方」 「誰も教えてくれない昇進・人事評価の仕組み」 「会社を辞めたい」 「潰れる会社の特徴」 こんな悩みの解決法を現役大手管理職の「すぬつく」が こっそりお教え致します。 宜しくお願いします。 YouTube「すぬつく企画」も宜しくお願いします。 チャンネル登録して貰えると嬉しいです。
スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください