職場での人間関係・ストレス・悩みをすっきり完全解決

コミュニケーションとは?コミュニケーションの目的と種類まとめ【保存版】

2020/01/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく(Twitter、YouTubeチャンネル登録お願いします(*'▽')。)
「イヤな上司・部下・同僚との人間関係」 「ブラックなヤバい企業・社畜・ハラスメントの悩み」 「職場での良好なコミュニケーションの取り方」 「誰も教えてくれない昇進・人事評価の仕組み」 「会社を辞めたい」 「潰れる会社の特徴」 こんな悩みの解決法を現役大手管理職の「すぬつく」が こっそりお教え致します。 宜しくお願いします。 YouTube「すぬつく企画」も宜しくお願いします。 チャンネル登録して貰えると嬉しいです。

もくじ
1.コミュニケーションの目的とは
2.コミュニケーションの種類とは
3.コミュニケーション能力とは

コミュニケーションの目的とは

「コミュニケーション」を辞書などで調べると、「人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達」とあります。

また、コミュニケーションの大きな目的は、自らが伝えたい内容を正確に伝達し、相手の思いを理解する事です。

更に具体的なコミュニケーションを取る目的は2つに分類されます。

人間関係を築く

人間関係とは、「日常的な人と人とのつながり」の事です。

人間関係を築くには、自分を知ってもらう事や相手を理解する事が重要です。

これらが積み重なる程に、人間関係は深くなって行きます。人間関係はコミュニケーションの累積だと言っても過言ではありません。

人間関係(友人関係・恋愛関係・取引関係)は、往復する手紙やメール、繰り返されるデート、おしゃべり、会議などのコミュニケーションを通じて成立しており、人間関係の根底を作るものなのです。

情報を交換・共有する

人間は双方が知っている情報を互いに提供し合ったり、自分が知らなかった情報を吸収したりする為にコミュニケーションを取ります。具体的には、「報告・連絡・相談」がそれに該当します。

コミュニケーションの種類とは

「コミュニケーション」は、大きく分けて二つの種類に分類する事が出来ます。

言語コミュニケーション

言語コミュニケーションとは、言葉の通りで話す言葉を指します。

非言語コミュニケーション

非言語コミュニケーションとは、 実際に話す内容以外の部分で発する情報を指すものです。 具体的には、「アイコンタクト」、「ジェスチャー」、「ボディランゲージ」と呼ばれるものです。

言い換えると、表情・顔色・視線・身振り・手振り・体の姿勢等で何かを意識的・無意識的に伝えている・伝えてしまっている事になります。

よく「目は口ほどにモノを言う」と言うフレーズを聞いた事ってありますよね。具体的には「優しい言葉を使うけれど、目は笑っていない、怖い」と言う様な経験ってありますよね。

実は、日常の中で使用する「言語コミュニケーション」と「非言語コミュニケーション」の割合は約3対7と言われており、コミュニケーションを取る上で非常に重要なものとなっています。

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力とは、「 対人的なやり取りにおいて、スムーズにお互いの意思疎通を構築出来るかの能力 」の事です。良好な人間関係を築く為に非常に重要な能力であり、日本経済団体連合会が実している「新卒採用に関するアンケート調査結果」では、新卒採用の際に選考で重視する点として「コミュニケーション能力」が15年連続で1位となっています。 企業活動においてコミュニケーション能力が重要度の高い能力と捉えられていることがわかります。

【関連記事】

コミュニケーション能力の種類【4つの要素】

コミュニケーション能力は、以下のような4つの要素に分類されます。

①伝える力

伝える能力とは、「書く」「話す」などの手段を用いて、自分の伝えたいことを相手に「正確に」「効果的に」伝える能力の事です。

単に用件を相手に伝えればいいというわけではなく伝えたい内容に応じて適切な方法を取ることから、正確に伝わったことで生じる効果までが求められます。

具体的な例として、会社でせっかく良い調査結果や提案が出来る状態になっているのに上手く伝える事が出来ず、損をしてしまう様な時は「伝える力」が不足している可能性があります。

【関連記事】

②受け取る力

受け取る能力とは「読む」「書く」などの手段を用いて、相手が伝えたい事や相手の意図を理解する能力を指します。

受け取る能力には、質問をすることもポイントとなります。自発的に質問を行って、正確でより詳細な情報を受け取ると考えれば理解しやすいでしょう。

単に相手が発した情報、感情、意見、提案などを受け取るだけでなく、それらをより深い次元で理解する事がコミュニケーションには欠かせないのです。

受け取る能力とは、その言葉から受身の姿勢をイメージするかもしれません。

しかし「質問をする」ように、自ら情報を取りにいく姿勢も受け取る能力の一つです。こうした点も認識しておきましょう。

③非言語コミュニケーション能力

非言語コミュニケーションとは、言外のより俯瞰的なコミュニケーション能力を指します。「俯瞰的なコミュニケーション能力」というと少し難しく感じますが、「空気を読む」という言葉をイメージすると分かりやすいでしょう。

周りの雰囲気を感じる、物事を見るなどでその意味を推し測るようなときに使われる能力ともいえます。非言語コミュニケーションは、単独でも重要な能力として存在していますがそれだけではありません。

【関連記事】

④他者を巻き込む力

職場で仕事が上手くいっている、ストレスが溜まっていない人とそうではない人との「差」は一体何なのでしょうか。と疑問を持った事ってありませんか?個人の知識や経験も多少関係があるかもしれませんが、実はこの「差」はコミュニケーションスキルの差なのです。

【関連記事】

コミュニケーション力を鍛えるには

色々な職業がありますが、コミュニケーションを取る事は必ず必要です。全くないと言う事はありません。

学生時代やトライアル(コミュニケーション能力を高める)と言う目的で一時的に働きながら、コミュニケーション能力が高められる業種を以下に羅列します。 

コミュニケーションが鍛えられる業種一覧とは

 *主に1対1(自分とお客さん)でやり取りのある業種で、数をこなす事がスタンダードな業種です。参考にしてみて下さい。特に、テレアポ系はコミュニケーション能力を鍛えるには最適で且つ、時給が良いのが魅力です。

  • 営業
  • テレアポ
  • ショップ店員
  • 居酒屋・バー
  • パチンコ店
  • コンビニ

【女性限定】チャットレディ・テレフォンレディ・キャバクラ

チャットレディ・テレフォンレディ・キャバクラをお勧めする理由
・男性との話し方、話題の提供など細やかな面をスタッフさんがアドバイスをしてくれる。
・アドバイスしてくれるスタッフさんは、過去3,500名以上の個々へ対応実績があり、ノウハウが蓄積されている。

この記事を書いている人 - WRITER -
すぬつく(Twitter、YouTubeチャンネル登録お願いします(*'▽')。)
「イヤな上司・部下・同僚との人間関係」 「ブラックなヤバい企業・社畜・ハラスメントの悩み」 「職場での良好なコミュニケーションの取り方」 「誰も教えてくれない昇進・人事評価の仕組み」 「会社を辞めたい」 「潰れる会社の特徴」 こんな悩みの解決法を現役大手管理職の「すぬつく」が こっそりお教え致します。 宜しくお願いします。 YouTube「すぬつく企画」も宜しくお願いします。 チャンネル登録して貰えると嬉しいです。
スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください