たったこれだけで誰でも好印象獲得!職場で必ずある担当業務の紹介方法

イヤだな~、なんか苦手だなぁ~とか、好感が持てる、良い人だなぁと色々な人がいますよね。では、その印象って何で決まるのでしょうか?実は、普段の何気ない行動で決まるのです。今回は、よくある職場での日常の行動毎に相手に与える印象と推奨する行動について解説します。

よくある職場での日常の状況

貴方は、βさんと同じ部の法務担当です。ある時、他部門のαさんから資産の事について質問されました。αさんは、貴方の事を「資産担当」だと思い込んでいる様です。更に付け加えると、αさんと貴方は顔を合わせる程度の仲であまり親しくはありません。さて、どの様な行動をすれば貴方とαさん夫々が気持ちの良い状況になるのでしょうか。

「私は担当ではない」若しくは「B課のβさんが担当」と答える

「私は担当ではない」と答えた場合、貴方は必要最低限の返しをした事になります。その結果、貴方の時間的なロスは最小限に留める事が出来ました。但し、αさんにとっては、なんら進展が無く前に進めていない状態です。更に、最終的にβさんが「資産管理」の担当であった事が判明すれば、同じ部なのだから、せめてβさんを紹介してくれても良かったのではないか。とマイナスのイメージを持たれてしまう事が想像出来ます。この対応はおススメ出来ません。

「B課のβさんが担当」と答えた場合、貴方は時間的なロスを最小限に留め、且つαさんにとってもβさんに相談すれば良い事が判明した為、αさんにとっても前に進めた状態となります。この対応は可でも不可でも無いごく普通の対応です。貴方が時間に追われている時はこの対応で良いでしょうが、αさんからすれば、貴方の対応はプラスにはなりません。(マイナスにもなりませんが。)

「B課のβさんが担当」と答え、αさんをβさんに紹介する

「B課のβさんが担当」と答え、αさんが担当を分かっていないと言う事は、当然βさんの事は知らない。と瞬時に察して、αさんをβさんに紹介してあげます。この対応は、貴方の時間をほんの少しロスするかもしれませんが、αさんの目的達成度に関しては、もの凄く前進しています。結果、αさんからの貴方に対するイメージはプラスになるでしょう。

自分が担当では無い事を告げずに、αさんからの案件を聞き、後でβさんに連絡する

自分が担当では無い事をαさんに告げずに、αさんからの案件を引き受けてしまい、後でβさんにその旨を連絡する。と言った行動を取ったとします。この場合、良かれと思って取った行動でも、貴方の時間のロスは甚大で、自身の業務に支障が出てしまいます。また、βさんからも何故貴方が案件を聞いてしまうのか。と言った疑念が残ります。更には、直接αさんからβさんに案件を説明していないので、伝わらない部分が出てきてしまいます。一方、αさんの目的達成度に関しては、もの凄く前進しています。結果、αさんからの貴方に対するイメージはプラスになりますが、自身のロス影響とβさんからのマイナス印象がありますので、おススメ出来ません。

まとめ

すぬつくも、忙しい時は「その業務はB課のβさんですよ。」とそれで終わりにしてしまっています。特に問題はありませんが、時間に余裕がある時は、βさんを紹介する様、心掛けています。逆の立場の時、紹介して貰うと本当に有難いものですよね。この様な、ほんの些細な事でその人への印象が大きく変わってしまいます。理屈が分かればもう簡単ですよね。明日から実践してみましょう(*^^)v

すぬつく: 職場の人間関係・ストレスに関する悩みをすっきり解決するお手伝いをします。お気軽に問合せして下さいね。